ヘッダ
HOME 会社概要 事業概要 アーカイブ 関係リンク先 アクセス お問い合わせ
事業内容
製品情報・開発事例
(光ディスク、デバイス関連)
製品情報
(EDAソフトウェア関連)
↑戻る
タイトルバー EDAソフトウェア関連  

AtaiTecAtaiTec社
【 Advanced SI Design Kits(ADK)】
  ADKは28種のデータ変換を行える、高周波/高速伝送設計向けの支援ツール群です。回路シミュレータを使用せず、タイムドメイン/周波数ドメインのデータの変換・補正・表示等が可能です。


ADKの主な機能
−Passivity&Causality
  Sパラ/TDRデータのパッシビティ、コーザリティの補正を行います。

−S to Spice
  Sパラデータに対して、SPICEモデルのパラメータフィッティングを行いSpiceで読み込
   める様にします。

−Change Impedance
 SパラのDB/MA/RIの変換や、Zパラ、Yパラへの変換を行えます。

−Interpolating
   元のSパラデータの周波数補完を行い、新たに指定した周波数ステップに変更したSパラデータを作成できます。

−TDR & TDT
   Sパラデータを元に、TDR/TDTへの変換を行います。

−[S] to Z0, T0, W-element
   Sパラデータを元に伝送線路パラメータデータに変換します。

−RLCG to [S]
   伝送線路パラメータのRLCGと線路長さから、Sパラデータを生成します。

−Combine [S]
   指定したSパラデータを結合して、より多ポートのSパラデータを生成できます。

−Channel Optimization
   チャネルのSパラデータを用いて
   ・想定された電圧源(PRBS)の波形、アイパターン、スペクトラムの表示を行えます。
 ・タップを選ぶことでアイパターンの最適化を行えます。
   ・アイマスクを挿入できます。
  また、スペクトラムは差動・コモンでの表示切替が可能で、波形の品質およびEMC耐性等を評価できます。


−X2D : 2D Field solver
多層の伝送線路の二次元断面の電磁界解析を行い、伝送線路パラメータを精度良く算出します。


ページトップへ戻る
 
ビフレスティック株式会社